甘村商会南館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 音楽 ≫ Oh! RADIO |忌野清志郎

Oh! RADIO |忌野清志郎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
Oh! RADIOOh! RADIO
忌野清志郎
UNIVERSAL MUSIC
発売日 2009-06-17




あの日の空を思い出す 2009-07-16
あの日の、青山の、空を、思い出す。
ずっと、ずっと、大事な曲になると思う。

チャボとコーちゃん、三宅と録った「激しい雨」も、
とても、うれしかった。

素晴らしい《遺作》。 2009-07-06
忌野清志郎氏が私たちに遺してくれた、その《生きざま》、その《死にざま》、その数多くの《名曲》を思うと、胸が熱くなります。最後の最後まで《ロックンロール》であることを貫き通した、清志郎氏の《生きざま/死にざま》には、本当に頭が下がります。天国へ行っても、妥協する事無く《ロックンロール》であり続けてほしい、と心から思います。御冥福をお祈りします。

まんま蘇る… 2009-07-01
寂しいけれど遺作になってしまいました。

パワーは少しも衰えていないよね…

『愛と平和の~』ってフレーズ、改めて間違ってなかったと分かり、すっきりしました。

天に舞い上がっていくような気持ちになる 2009-06-27
清志郎は達観していたのだろう。
自らに迫りくる運命を。

だから、すべての楽器を自らの手で演奏してこの遺作を仕上げた。
喉の病をおして歌い上げた。

なんと心に浸みる曲なんだろう。

身をまかせて聴いていると天国に舞い上っていくような気持になる。。

ずっと聴かれ続けていかれる名曲になるだろう。

遺作としてふさわしい名作 2009-06-20
押しては引く波のようにゆったりと漂うメロディーは、
すべてをそぎ落としシンプルそのもの。
自然なゆらぎの中で、まるで彼自身の人生を回想するかのようだ。

達観のなかで最後に願ったことは、「あの頃がまんま甦るあのナンバー 」
そう、ファンそれぞれにとってのあのナンバーがラジオで流れ続けることだった。
清志郎の曲が流れる限り、清志郎はそばに居て私たちとつながっている、
そんなメッセージをみんなにも受け取って欲しい。


さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会南館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。