甘村商会南館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 音楽 ≫ 虹 |ゆず

虹 |ゆず

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
虹
ゆず
バップ
発売日 2009-09-02




難しいこと抜きで素晴らしい! 2009-09-02
言うまでもなく、CMのあの曲です。ゆずにしかできない、感動モノの一曲ですよ。人生の応援歌として、たくさんの人に聞いて欲しいです。

バージョンアップ 2009-09-02
『虹』を初めて聴いた時、久しぶりに心をガシッと掴まれ、衝撃を受けた。



ゆずは路上ライブからスタートしたアーティストで、

歌とギター、タンバリンだけの音、すなわちファンの言うところの

「スッピン」が受けていた。

そこに大きくアレンジを加えると、ゆずらしさが損なわれるという批判が大きく

初期の頃はプロデューサーの寺岡呼人氏も大変難しい作業を

強いられたのではないかと察する。



また、寺岡氏は自身のサイトでも述べていたが、

「ライブ映え」するか、といったことも考えながら

アレンジ作業を進めているようだ。

これは、デビュー当初からテレビ出演等を殆ど行わず、

アルバム発表直後にライブツアーがスタートする、

ゆずの活動スタイルを考えられてのことだと思う。



しかし、近年、音楽ダウンロードが普及し、

携帯電話やiPodなどで音楽を聴く人が多くなった。

そしてゆずも新曲を発表するごとに、テレビの音楽番組で披露するようになった。



時代はゆずがデビューした12年前と、ずいぶん変化している。



テレビの音楽番組で『ストーリー』を歌っているところを何度か見たが、

ライブではとてもあたたかい気持ちになるこの曲が、

何とも「テレビ映え」しないのである。

また、以前から感じていたのだが、寺岡氏のアレンジは、イヤホンを通して聴くと

残念ながら少しうすっぺらく感じる。

(この辺の感想は、人それぞれかもしれないが・・・)





昨年発表したアルバム『Wonderful World』から

プロデューサーに加わった蔦谷好位置氏は、

そんなゆずが辿って来た道のりは知らんよというばかりの

大胆アレンジを披露してくれる。



知らぬが仏という言葉があるが、その、知らぬがゆえの勢いの良さが、

聴いていてとても気持ちがいいのである。



この『虹』でも、爽快で、心地よいストリングスとビート音を使用しつつ、

ラストは抑揚の余韻を残しながら、静かにアコースティックギターで終わって行く。

良い意味で、一つの世界が、よく作り込まれていると思う。





パソコンを長く使うには、OSをバージョンアップしたり、

ソフトを入れ替えたり、メンテナンスが必要である。



大変難しい話ではあるが、

アーティストとファンが末永くお付き合いして行こうと思うと、

ちょいちょい、こういったバージョンアップが必要なのではないかと思う。



この『虹』を聴くと、ゆずはしっかり、着実にバージョンアップ出来ていると感じる。

追記になるが、歌詞も素晴らしいのでじっくり聴いてみてほしい。

ゆず史上最も壮大な名曲 2009-09-02
今回の「虹」はゆずの新境地とも言えるメロディアスな壮大なメロディーと栄光の架橋のような背中をそっと押してくれるような温かい歌詞が印象的な曲です。
カップリングの「Re:スタート」は虹とは対照的で穏やかな空気がする曲です。
どちらも素晴らしいと思います。

架橋 2009-09-02
あの名作「WONDERFUL WORLD」を気負うことなく、ゆずは怒涛のシングルリリースを開始。過去のキャリアを出し尽くすように様々な曲を連発してきた。

そうして徐々に片鱗が見えてきたニューアルバムは、既にかつてない異彩を放っている。タイトルは「FURUSATO」。ゆずらしい土着的な言葉ながらローマ字表記であることや、シングルの多種多様な顔ぶれが今迄で最も予想を困難なものにしている。



そんなアルバム発売直前に届けられた、アルバムの世界観へとストレートに繋がってゆくであろう先行シングル「虹」。大きなテーマを背負ったこの王道の楽曲は新たなアルバムの1ピースであると同時に、巨大なアルバムへとしっかりと導いてくれるはずだ。





表題曲はストリングスの叙情的な幕開けから、サビで一気に広がる壮大なナンバー。また今までになかった新しいタイプの曲。最初は打ち込みのリズムと、こもったボーカルエフェクトが抜けきらない感じがするものの、二人のハーモニーが美しく響く曲に仕上がっている。ラストで静かに着地するように鮮やかなギターの音色が聞こえてくるのもホッとする。

カップリング「Re:スタート」はイントロのハーモニカに始まり、ホーンやピアノなども加わって賑やかで暖かい曲。だがこちらも、そっと背中を押してくれるような応援歌である。雑踏の音が入っているのも歌詞とリンクしていて良いアレンジだと思う。カップリングでなく、アルバムに入ってても納得できる出来の曲だ。

しかし、こうして2曲並ぶと、視点は違うのにひとつのテーマをちゃんと共有しているシングルだと感じる。ますます二人の書く詩にブレや迷いがなくなってきている。



「虹」は、その曲調やスケール、そしてタイトルからもあの「栄光の架橋」を彷彿とさせる。この「虹」を渡った先、「FURUSATO」には何が広がっているのか。俄然アルバムに期待してしまう。

まあまあ 2009-09-01
ゆずの壮大なストリングスが入っているのでは一番良い気がした。
ただ最近の曲はなんか大袈裟過ぎるから初期の曲までとはいかないでも、もっとシンプルなほうが好きかもしれません。
カップリングは面白くて好きです。

というより岩沢さんの曲はいつもなぜかツボにはまります。

ふたつの曲ともなかなか今までありそうで無い感じでそこそこでした。
次のアルバムはきっと壮大すぎると思いますが…アルバム曲に期待しますか…



さらに詳しい情報はコチラ≫




タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会南館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。