甘村商会南館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 音楽 ≫ アマルフィ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~ |サラ・ブライトマン

アマルフィ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~ |サラ・ブライトマン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
アマルフィ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~アマルフィ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~
サラ・ブライトマン
EMIミュージックジャパン
発売日 2009-07-08




美しい音楽 2009-09-01
老若男女問わず聞けるアルバム。
美しい音楽、ここにあり。

(?_?) 2009-08-03
このCDをWindowsのMediaPlayerに取り込んだ所、「The Trees They Grow So High」というタイトルをディスクから読み取り、「アマルフィ」と同じ19曲読み取りましたが、それぞれまったく違う曲名で、中身が違うCDが送られてきてしまったのか・・?、と一瞬あせりました。しかし一番目の曲を再生するとタイトルは「Early One Morning」と表示されますが、曲はきちんと「Time to say good bye」なので不思議です。 



予約しました! 2009-07-30
初めてきいた時本当に感動しました!

今回、この内容にすぐ予約しました!

ちょうど、アメージンググレースをききたくて(誰のってことはなくて)その曲も入っていたのが

本当にナイスタイミングで、出会いですよ!たまたまこのCDにあたった方は、よくも悪くも

出会いを感じてもらえるのではないかな~と思います^^!

ブラヴォー!! 2009-07-29
 映画『アマルフィ 女神の報酬』のオフィシャル・イメージ・アルバムとして、これまでのサラ・ブライトマンのアルバムの中から、サラ本人と、彼女のプロデューサーのフランク・ピーターソンが選曲したベスト・ヒット曲集。



 冒頭に収められた大ヒット曲、サラの十八番である「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」(アルバム『CLASSICS』)はじめ、久しぶりにこうして彼女の歌声に触れてみて、改めてぞくぞくさせられましたね。透明、リリカルな声の美しさとともに、今回特に感じたのは、スイートな歌い口の上手さ。音楽のメロディ・ラインの歌わせ方がとても滑らかで、耳当たり(?)がいいんです。美味しいワインを飲んだ時みたいに、素敵にいい気分になりました。



 なかでも、映画『タイタニック』のテーマ曲「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」のイタリア語ヴァージョンである第3曲「イル・ミオ・クオーレ・ヴァ」(アルバム『EDEN』)と、ラフマニノフの作品21-7の歌曲「ここは素晴らしい場所」(アルバム『LA LUNA』)のサラの歌声に、「わあっ!」と心を持っていかれました。



 歌姫サラ・ブライトマンに、乾杯(^.^)/ ☆☆☆☆☆

世界の歌姫 2009-07-25
彼女のCDは何枚か持っていますがいつ聴いても美しく心癒される奥行のある歌声に感動します。 洋楽はあんまり、という方にも入りやすく聴きやすい一枚かと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫




タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会南館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。