甘村商会南館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ BOOK ≫ 世界一の美女になるダイエット |エリカ アンギャル

世界一の美女になるダイエット |エリカ アンギャル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
世界一の美女になるダイエット世界一の美女になるダイエット
エリカ アンギャル
幻冬舎 刊
発売日 2009-04




シンプル is  ベスト!! 2009-06-16
文字数も少なくて、ここまで本質を抑えて
コンパクトにまとめてくれているダイエッ
ト本ははじめて!

何よりも、実行できそうと思わせる部分が
スゴイ。

細かい部分に至るまで、美が追求されてい
て勉強になります。

女性のための養生訓。 2009-06-13
新聞の書籍広告を読んで、「この人何で日本女性のことに関して詳しいの?どんな本かな?」と思い読んでみました。
すると、日本滞在歴が合計12年ということで、納得。本の内容は日本女性だけではなくアジア女性全般に共通する感じがします。
内容は単純明快で、殆どの事が実践可能です。
鮭を食べる等の和食を推奨していたり、果物の摂取や朝のグリーンカクテル等や、スーパーに行った時にトマトを迷わず買う等は、
私自身既に行っていたことなので、読んでいて何となく嬉しくなったじゃないの。
「最強のコスメはテーブルの上にある。」そのお言葉にも納得よっ!
化粧品って様々な有効成分を謳っている分だけ添加物も多いし、肌に載せた物全てが吸収されるわけじゃないと思うし、(化粧品の成分全てが吸収されたらある意味怖いわよ)
私自身皮膚と頭脳が弱いもんで、高額な化粧品を肌に塗ると有難過ぎて皮膚炎起こす性分なので、化粧品を使うよりも食べ物の効果の方が絶対に効果があると思うわ。

ただ、良い油は太らないの項目で推奨されていたオリーブオイルがあまり好きじゃない事。乳製品(ヨーグルトより、ぬか漬けの方が乳酸菌が多いのよね。)やアイスクリームが好きな私には目から鱗な情報や、白い物を食べない等は、少し実行し辛いかも..

同類の本に「スキニー・ビッチ」があるのですが、あちらはセレブ系のファッション的エコロジー食生活等を謳っていて、あの本を真に受けて実践したら高額過ぎて続かないと思うけど、「世界一の美女~」の方は思い立ったその時から早速実践できる内容ばかりです。
ある意味、和食の素晴らしさと食生活その他の生活習慣というか、居住まいを正す事の大切さを改めて知ることができました。エリカさんありがとう!

ダイエット = 食べないではなかった! 2009-06-12
著者のエリカさんはミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントで、
あの知花くららさんや森理世さんたちに栄養指導をした人。
美しくなるために、何を食べて何を食べないのか・・・つまり、賢く食べて美しくなる。
高いコスメに頼らずに、食べ物を味方につけ、体の中から健康美人になることを教えてくれる本です。

「何を食べてはいけないのか」「どうしてそれを食べていけないのか」がきちんと簡潔に説明されてあり、説得力がある。
ダメダメばかりじゃなく、「じゃあ、それの代わりにこれなら食べてもいいよ」と逃げ道を与えてくれるからありがたい。
文章も大変読みやすく、ポイントが太字で書いてあるので、そこだけ拾い読みするだけでも食に対する意識が変わりそう。

食べる量を減らせばいいとか、
ダイエットに良いと言われる1つの物を徹底的に食べるなんてダイエットは大間違い。
これまで良かれと思ってしてきたことが実は違ってたということも多く、すごーく勉強になります。
んー、でもいちばん説得力があったのは「おばあちゃんが知らない原料が入っているものは買わない」、コレでした。

この本はダイエット法というよりは、本来あるべき食の在り方を教えてくれた。
つまりそれが健康的な体つくり → ダイエットにつながる、と。
大事なのは正しい食生活で痩せやすく、基本的な栄養素に満ちた体。
痩せたい!痩せたい!と騒ぐのならば、ます学ばなきゃいけなかったのはこういうことだったんだ。
ダイエットに関する意識を根本的に覆された本でした。

ガリガリに痩せるのは“美”ではない。
ただ単純に“痩せたい”じゃなく、私は“健康的な食事で、体の中から健康美人”を目指します!!
全部を実践するのは今の私には難しいけど、ますはできることからはじめてみようかな。


きっかけ 2009-06-12
ユーザーレビューを見ていたら、色々な物を制限しすぎという意見がありましたが、本当に美しい身体や内面を作るには制限や努力は当たり前だと思います。
その為の一歩(きっかけ)には最適ではないでしょうか。
一般人でも努力をすれば、「しない」よりは確実に美しくなれるはずです。

生のモデルを目の前で見たことがある人ならわかると思いますが、彼女らは宇宙人ですよ(笑)(正直今流行りのSモデルはモデルとは思えませんが…)。
同じ人間とは思えない顔の小ささに手足の長さや細さ…
もちろん元々の才能(身長やバランス、顔の造形)もありますが、それ相応の努力もしています。
総じてこういう女性は今の日本では正直モテません。
日本人の男性は自分よりも小さく可愛いものの方に惹かれがちですから。
こういう子は嫌だな…という男子も多いでしょうし、逆にモデルみたいな子大好きって男子もいます。
モテるために美しくなるのも良いとは思いますが、この本の趣旨からはズレてるかも。

ストイックに実践するにはある程度キツい部分もあるとは思いますが、自分が出来る範囲から取り入れていくことが長続きするコツかも。

「最強のコスメはテーブルにある」 2009-06-11
「体(皮膚)は、食べ物によって作られる」考えてみれば当たり前のことなのですが、多くの日本人女性はなぜか美容のこと(シミ、シワ、アンチエイジングなど)になると、食事内容を気をつけるってことよりもコスメ選びに熱心になりがち。

そうではなくてコスメに頼らず毎日の食事で気をつけていこうと、戒めてくれる本です。

また、カロリーを減らすことだけを考えた食事や、体重を減らすことだけを目的としたダイエットは止めようとも書かれています。

エリカさんの教えをパーフェクトに実践するのは、相当な努力が必要だと思いますが、知っているのと知らないのとでは大違いだと思います。

うちには幼い娘がいますが、お年頃になってダイエットをするようになった時、この本のおかげできっと正しいアドバイスをしてあげられるだろうと思います。



さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会南館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。