甘村商会南館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ BOOK ≫ 赤ちゃんの脳を育む本 (セレクトBOOKS) |久保田 競

赤ちゃんの脳を育む本 (セレクトBOOKS) |久保田 競

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
赤ちゃんの脳を育む本 (セレクトBOOKS)赤ちゃんの脳を育む本 (セレクトBOOKS)
久保田 競
主婦の友社 刊
発売日 2007-08




一長一短 2009-08-24
久保田メソードという幼児教育の一環の本。

フラッシュカードを見せるなんていう早期教育より、

遊びの中から健全に脳と体の発育を促していこう、

という姿勢は好感が持てます。



が、ちょっとカリキュラムが早すぎるような。

3ヶ月半~5ヵ月半が「おすわり期」で

5ヶ月半~8ヶ月頃が「つかまり立ち期」って、そんなバカな。

はいはいの練習とか、オムツ替えのときにじっとしている練習とか、

本当に必要なのかしら・・・。

その子にはその子にあった発育のスピードがあるのだと思うのだけど。



赤ちゃんとの遊びがマンネリになってて、

新しい、何かためになる遊び方を知りたい!

ってお母さんがいいとこどりするのに買うのにはいい本です。



ですが、「うちの子はこれができない、あれができない」

というマイナス思考のお母さんには向きません。

ってか、赤ちゃんのためにならないから買わないほうがいい。



赤ちゃんとは楽しく遊びましょう!

お母さんの笑顔が何よりです。

子供のためにも、もっと一緒に遊びたくなる 2009-08-19
脳に良い、成長に良いとされる遊びが、写真付きでわかりやすく書いてあります。その遊びの「ポイント」や、「どのような効果があるか」といったことも書かれていて、知識としてもおもしろいと思いました。



子供と遊ぶときに、ただ漠然と遊ぶよりも、「こうして遊ぶことは、子供の成長のこの部分にとても良いのだ」と実感しながら遊ぶことができるので、なんだかやりがいが増します。



この本に書いてあるような遊びを実践するような「教室」もあるそうで、そういう所に通わずに、本を読んでちょいちょい真似ただけで、どれほど効果があるかはわかりませんが、子供と遊ぶ"ネタ"も尽きてくるんで、「こういう遊びもあったか」というネタ本としても、おもしろいと思います。

わかりやすい 2009-08-10
月齢ごとのトレーニング一覧表があって、今何をすべきか一目でわかる

わかりやすいです。 2009-08-07
写真付きでとてもわかりやすく、参考になりました。

息子にとって、その年齢にあった遊びは少しレベルが高過ぎるようなものもありましたが、出来なくても気にせず、ひとつの目安としてクリアできるようにする目標があって、いいと思いました。そして、出来た時の喜びは大きかったです。また、出来なくても一緒に遊んでいる充実感とその時間はかけがえのないもので、子供にとってはそれこそが脳の育みになっているのだと思います。次の「2~3歳からの脳を育む本」も是非購入したいと思っています。


さらに詳しい情報はコチラ≫




タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会南館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。