甘村商会南館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ BOOK ≫ ONE PIECE 巻54 (ジャンプコミックス) |尾田 栄一郎

ONE PIECE 巻54 (ジャンプコミックス) |尾田 栄一郎

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ONE PIECE 巻54 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 巻54 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
集英社 刊
発売日 2009-06-04




兄弟の絆 2009-06-19
ルフィの兄であるエースが、海賊への見せしめとして処刑されつつある。それを知ったルフィは無謀を承知でハンコックの手をかり、彼が幽閉されている監獄に乗り込もうとする。


ナミの過去やロビンの過去の話を通過してきたことからもわかるように、ワンピは家族の絆というものを大きなテーマとして掲げてもいる。これは人の根底にある感情のひとつ。だからこそ、この漫画は性別にかかわらず、大人、子供、いろいろな人に受け入れられるのだと思う。


不可能を可能に変えていくルフィも兄の前ではただの弟にすぎない、そんなところが、主人公と読み手の距離をつかず離れずの絶妙な間隔に保っている。だからマンガは面白いんです。

秘密のガープちゃん 2009-06-17
半分、半分て言いますけど、中間地点である“魚人島”にもまだ到達してないんですよ?

100巻でおさまる訳がないじゃないですか。

全く新しい展開もさることながら、今後の見どころやつながりそうなエピソードなど、現時点で判明しているだけでもどんだけ残ってると思ってんですか。

その、これからの半分以降のお話を、半分以前より
短く済まされてたまりますかってんですよ。

で、この巻なんですけど、

孫があんな目にあっているってのに、
いくらなんでもじいちゃん落ち着き過ぎです。
きっと、処刑を阻止する独自の手立てを極秘に内緒で整えてあるのではないかと思いました。
ルフィの侵入を知って、
バカうけしてましたしね。

あと、もしかしたらローグタウンでのあの人も、あの時と同じように現れて、
ガープと親子2人でおいしいとこ全部持っていっちゃうとか。

なんて個人的な予想がどうなるのかも、楽しみにして楽しみながら、これからも ONE PIECEを読み続けていきたいと思います。

予想もつかない展開! 2009-06-15
ストーリーや、懐かしのキャラの登場などの熱い展開については、他の方が書かれている通りです。物語的にはだいぶ佳境なはずなんだけど、他の仲間がいないんだから、まだ続くのでしょう。どう切り抜けるのかとても楽しみです。
これだけの個性的なキャラクターを一線を退けた後も把握し、今も生み出し続けているという尾田氏の才能には感服します。


さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会南館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。