甘村商会南館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ BOOK ≫ 別冊カドカワ 総力特集 ユニコーン 2009 カドカワムック (カドカワムック 308)

別冊カドカワ 総力特集 ユニコーン 2009 カドカワムック (カドカワムック 308)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
別冊カドカワ 総力特集 ユニコーン 2009  カドカワムック (カドカワムック 308)別冊カドカワ 総力特集 ユニコーン 2009 カドカワムック (カドカワムック 308)

角川マーケティング(角川グループパブリッシング) 刊
発売日 2009-06-15




蘇る勤労発売記念 2009-06-18
DVDと一緒についでのように手に入れましたが、
ハーイテンションなライブDVDをBGMに熟読。
じわじわじわじわ…と来ます。
再結成までの道のりというか、メンバーの思いを知る毎に感慨深い。
EBIが金沢ライブでのハプニングを「どこの会場か忘れた」と言ってたのは、イエローカードでした(笑)
らしいな~とは思うけど。

揺れるリボンとうなじに誘われて 2009-06-16
再始動のキーマンであるアベBのインタビュー(←感動モノです)以外はまだまだ熟読していませんが、なんせ1冊まるまるユニコーン。
いわゆる表2と表3(ジャケの裏面と裏ジャケの裏ですね。ややこし。ちなみに裏ジャケは勤労DVDの広告。)の広告と高木完の読み物以外は100%ユニコーンの事しか書いてません。高木完も今度のリミックスに参加しているようなのでこの際無理矢理ユニコーン絡みという事にしてしまいましょう。

というわけで端から端まで読み尽くすのは結構な時間がかかります。そしてこれだけの内容にしてこの価格、充実しすぎてて逆に少し申し訳ないような気がする。かといって無理に大枚叩く必要は無いです。内容に不具合でも無い限りはちゃんと重版も行われるはずなので気長に待ちましょう。じっくり読みましょう。

詳しい内容についてはあえて触れません。
もちろん採り上げられている著名人のラインナップには好みの差もあると思うし、記事の全てがクオリティに於いて満点文句なし、というわけではないけれども、前途のコストパフォーマンスと、あとはやはりメンバー全員が精力的に紙面づくりをバックアップしているという点。総合的に見ればお釣りが来るんじゃないでしょうか。
ともあれユニコーンの、ユニコーン(とその近辺)による、ユニコーンらしいユーモアに惹かれるファンであれば目隠しで手にしてもほぼ間違いない一冊だと思います。

しっかしテッシー、見違えたな~(いろんな意味で)


さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会南館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。