甘村商会南館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ BOOK ≫ はじめの一歩 88 (少年マガジンコミックス) |森川 ジョージ

はじめの一歩 88 (少年マガジンコミックス) |森川 ジョージ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
はじめの一歩 88 (少年マガジンコミックス)はじめの一歩 88 (少年マガジンコミックス)
森川 ジョージ
講談社 刊
発売日 2009-06-17




右の証明 2009-06-19
(総合9/10点)

本巻読破後の高揚感は素晴らしく、
個人的にはコミック52~55巻あたりの一歩vs沢村戦と対をなす
危機的、絶望的状況からの大逆転劇だったと思います。
また、それゆえにこの作品が長期連載している意味を
あらためて実感する点が多く感動しっぱなしでした。

ボクシングに精通した描写、試合運び、メンタル面など
現実的で緻密な構成を保ちながらも、漫画的で熱く、
作者の願いにも似た極限下の劇的展開を入れてくるあたり、
「リアリティを追求したフィクション」という絶妙な均衡を
保っているようにも感じられます。
(まぁ、最後は突っ込み所満載でしたが)


それと、一番重要なのは
今回は宮田一郎という生粋のカウンターパンチャーが
連載開始当初からずっと求め続けてきた一つの証明を
ついに実践してみせたという点です。
それゆえに、一つの終着点ともいえる本巻は実に感慨深く、
意義のある1冊と言えるのではないでしょうか。

一歩で例えるならララパルーザと同一レベルの
本作の極北ともいえる大きな節目に感無量でした。
ホント、ため息モンですよ。

セイッ、ローリングサンダー!!(必殺技名)という事ですね(笑) 2009-06-18
何となく格闘漫画的には、テリーマンとかヤムチャなポジションのイメージになっていた宮田君が、今巻では久々に”一歩”の最終ライバルとして復活した感があり面白かった。多少ダラダラ内容詰め込みすぎな展開でしたが、格好良く(ギャグも含めて)大円団な宮田編でしたので、不満もぶっ飛びました。当然、次巻はアノ男の活躍が楽しみなので単行本派の自分も絶対購入します。

父さんのボクシングの証明 2009-06-17
毎週の立読みで、宮田くんがボコボコの展開に精神的にきつかった。
でも、毎週毎週、次はどうなるかソワソワしてた。
ランディーのボディー攻撃であばらがおれ、宮田のボクシングが崩壊。
それから、宮田の意地の戦いがはじまる。かつて、試合に負けて飲んだ暮れのトレーナーでもある父親の前で、絶対に勝利しなければならない試合。クライマックスの親子のクロスカウンターにはとても感動した。最後の光速拳は賛否両論あるだろうが、デフォルメ的にとらえれば、いいと思った。



激闘に決着! 2009-06-17
いや~、今巻はハラハラドキドキの連続でした…(^_^;)
ランディの強さに「こいつに勝てる奴は居るんか!?」って思ってしまった程の圧倒的にランディ優位の展開から…
日常の反復練習の大切さを教えられましたし、最後の意地から生まれたパンチも良かった!
最高でしたね!!
さあ、続いては鷹村の試合です!
コミック派の僕としましては、時間が待ち遠しいですね~(>_


さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会南館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。