甘村商会南館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ BOOK ≫ 偽物語(下) (講談社BOX) |西尾 維新

偽物語(下) (講談社BOX) |西尾 維新

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
偽物語(下) (講談社BOX)偽物語(下) (講談社BOX)
西尾 維新
講談社 刊
発売日 2009-06-11




それなりだけれど物足りない 2009-06-15
アニメ化で続刊決定はファンには嬉しい限りですが内容的には物足りないところが多かったです。
まず殆ど月火の出番がありません、題名になってるのに終盤になるまで空気です。
戦いの理由になるだけで不死鳥としてなにかするようなことにはなりません
怪異バトルも終盤ちょろっとあるくらいで一番長く尺取ってるのが八九時とのいつもの掛け合いです。
いつもの二倍くらい長いのですこしだれました。
主に火燐、八九寺、忍とのやり取りを楽しむ巻だと思ったほうがいいです、
続きを読むというよりキャラたちの近況を読む本みたいな印象でした。

続刊二巻ほど決定らしいですが、このままのクオリティだと装丁の割りに不自然に高い一冊1360円は少し迷います。

紳士、淑女向けの小説。 2009-06-15
前巻に続けて妹達との物語。
前巻では、妹である火憐の為に体を張り、戦った阿良々木暦。
しかし、問題は解決しても妹との関係は、どこかギクシャクしてて、険悪なままだった……。
そこで誰もが予想できないスキンシップを取ります。
詳しくは書けませんが、本当に紳士的で、読んでる方としても微笑ましく、自分でも頬が緩むのを感じました。
良いですね。兄妹って。
私にも妹がいます。そして良好な関係とは言えなかったのですが、この本のお陰で関係は改善されることでしょう。
是非とも試してみます。
もし、この本の購入を検討している方で、妹が居られる方が居ましたら、間違いなく買っても後悔はしないでしょう。

維新格が違うな 2009-06-15
突然の刊行。相変わらず突然ですね(笑
本屋に行く時間もなかったので、amazonに超特急
で宅配させたよ。
なんていうか、ツッコミどころ満載っていうか、
主人公駄目人間なり過ぎだろとか...
アニメの話入れ過ぎ.. とか戦場ケ原さん切った!!
ちょっと待って!! とか...
しかしながら、あんだけキャラ立てまくって、バッ
サリ切り捨てて... でも、ファイアー・シスターズが
存在感全然負けてなくて、西尾維新.. あんた何者
だよ... みたいな。
クライマックス... 兄ちゃん... カッコいい... 500年
生きた怪異の王が惚れんのも分かるよ。
登場人物(実姉妹含めて)、あんたにフラグ立つの分かるよ...
中華思想の解釈で〆るのって、ラノベでありかよ..
そんで巻末見たら、@2冊出すよ... って、最終刊じゃ
なかたのかよ!!
まぁ、こんな嘘は大歓迎ですけどね(笑


歯を磨く 2009-06-14
化物語シリーズ最終巻は下の方の妹の話です。

最後の方もなかなかよかったですが、僕は序盤から中盤あたりまでの各キャラの掛け合いがやっぱ素晴らしいです。
今回は放送コード引っ掛かるであろう禁断のネタのラッシュでした。
これが趣味の西尾先生はやはり最高でした。

暦が完全に犯罪者でした。
そしてひたぎさんが空気でした。羽川もです。

色々な意味で兄妹の一線を越えている 2009-06-13
 今回は阿良々木月火が主役、のはずなんだけど、前半出ずっぱりなのは姉の火憐の方で、兄の暦と変態プレイを数ページに渡り展開してくれます。ああ、歯磨きって恐ろしい。。。
 基本的に、会話のテンポと、文章じゃなければ分かりづらいギャグ、本筋をすっ飛ばして脱線した先で展開される面白さ、何かを楽しむ作品だと思っているので、あんまりストーリー性は重視されない。でも、最終的には何かきれいにまとまる。
 最終話と謳っていましたが、八九寺メインの話と、羽川メインの話を追加刊行するらしいです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会南館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。