甘村商会南館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ BOOK ≫ 豊かに成功するホ・オポノポノ 愛と感謝のパワーがもたらすビジネスの大転換 |イハレアカラ・ヒューレン /河合 政実

豊かに成功するホ・オポノポノ 愛と感謝のパワーがもたらすビジネスの大転換 |イハレアカラ・ヒューレン /河合 政実

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
豊かに成功するホ・オポノポノ 愛と感謝のパワーがもたらすビジネスの大転換豊かに成功するホ・オポノポノ 愛と感謝のパワーがもたらすビジネスの大転換
イハレアカラ・ヒューレン /河合 政実
ソフトバンククリエイティブ 刊
発売日 2009-04-24




素直な方へ 2009-06-11
頭で理解する人には、読まれても理解できないでしょう!
素直に感じるままに、受け入れることが出来る人は、読むことで何かを感じ、築くのではないでしょうか?

自分は、素直だと思われる方は、試してみてはいかがでしょうか?

スピリチュアルとビジネスの統合 2009-06-08
ホオポノポノの素晴らしさについては他の方が語っているので書きません。
私は、この本は別の意味でスピリチュアルの世界の金字塔になると思っています。なぜならば、始めて今のビジネスがどうあるべきか、スピリチュアルな方法での解決策を提示した本だからです。今までそこまで言及できた人がいたでしょうか?宗教的な理想郷を書いた人はいくらでもいました。俗世に背を向け悟りきったことを書いた人もいました。しかし、「こうすれば、今のビジネスのやり方よりもよくなれる」と言い切ったスピリチュアルの本は、始めてではないでしょうか。
私はスピリチュアルを教える師の中で、ついにこういう人が出たか、と尊敬の念を禁じ得ません。
そう、スピリチュアルな道は今の世の中を変える具体的な方法となりつつあるのです。仕事で迷う人もわかりやすく書かれていますから、ぜひ、お読みください。

自分から小さな変化を起こす 2009-06-01
「すべての現象は100%自分に原因がある」という深遠な教え。
 本質はそうかもしれない。
 ただ、この言葉の意味を表面的にとってしまうと誤解が生じてしまうことがある。
 この言葉をどのように理解するか?が、ポイントである。

 ホ・オポノポノの根底の哲学には賛成である。
 自分が多少でも変化すれば、周囲も変化する。人間は、周囲や環境と相互に関
係し、影響を与えながら生活しているのだから。この影響は、意識にのぼらない
くらい微弱なものから、目に見える変化を確かめられる大きなものまである。
 他に依存したり、強迫的にコントロールしなければという衝動にかられてムダ
に多大なエネルギーを消費するより、「自分が今できること、できないこと」を
ハッキリさせ、行動を起こしたほうがはるかに賢明であり、他人が動くのを待つ
よりも早く、何がしかの変化を経験することができるだろう。
 
 4つの言葉の実践は、上座部仏教の「慈悲の瞑想」と似ている。
 批判したり評価したり、拒絶したりするより、受け止め、認める心から
スタートするんだ。
 (ただ、この世の中、何でも鵜呑みにするのはキケンなので、健全な懐疑心を
持つことも必要である。)
 癒しのエッセンスは、やはり文化を超えて、共通しているんだと思った。 

おいしい水 2009-05-30
本屋でぶらぶらしているときに本当に偶然手に取りました。
ぱらぱらと読んでいて引っかかる部分があったので、ネットで調べ、再度本屋へ。
2冊並べて積んでありましたが、断然売れていたこちらを購入。

かって帰る途中で 3年保障の携帯電話を修理に出しにいったら その日が保障期限の最終日だったことは偶然かな?と思ったのですが、昨晩バイクがすごい騒音で走っていてうるさくて眠れなかったので 試してみると、あっという間に音が遠ざかり、その後パトカーのサイレンが遠くで聞こえて静かに。

とても簡単な手法ですし、4つの言葉を全て言わなくてもいいし(ごめんなさいとか許してくださいとかはいいたくなければ言わなくてもいい)、ブルーソーラーウォーターを作るようになって水っておいしいんだなあと思うようになったし、これからの季節にぴったりの魅力的な手法だと思います。

ネットを見ていると、いろいろ考えることもありますが、情報の選択の自由はこちらにあるのですし、かわいいし、気分よくすごせるところが素敵。あまり深刻に考えないほうがよさそうです。

それから、ブルーソーラーウォーターでうがいをしていたら、虫歯で腫れていた歯茎がもとに戻りました。もちろん治療もしていましたが。結構いいかもです。



さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会南館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。