甘村商会南館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ BOOK ≫ あたりまえだけどなかなかできない 質問のルール (アスカビジネス) |木戸 一敏

あたりまえだけどなかなかできない 質問のルール (アスカビジネス) |木戸 一敏

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
あたりまえだけどなかなかできない 質問のルール (アスカビジネス)あたりまえだけどなかなかできない 質問のルール (アスカビジネス)
木戸 一敏
明日香出版社 刊
発売日 2009-07-08




常に持ち歩きたい本です 2009-07-15
すべて木戸さんの実体験に基づいたノウハウなので説得力120%。そしてそのどれもが、仕事だけでなく普段の生活で誰でもそのまま使えるようかなりよく練られています。気に入ったルールを少し意識して使うだけで、コミュニケーションが良くなるだけではなく、自分自身の可能性が広がる良書だと思います。常に持ち歩き、時間があれば何回も目を通そうと思います。

自然なコミュニケーションができそう 2009-07-15
相手にしてみたら質問に答えているだけでコミュニケーションがとれてしまう。
自然で気持ちがいいコミュニケーションの方法だと思う。
このような方法はきっと後味のよいものだろう。
上手く表現しててすぐに使えるとてもよい本です。

木戸さん流質問の本です 2009-07-14
この本はただの質問の本ではありません。

相手のことを考えた、まさにみとめの本だと私は思います。

質問はコミュニケーションの最高の方法です。

質問力を磨いて人間関係をよくしたい方にとくにお勧めします。

実際に同じような場面で・・・ 2009-07-14
具体的に書かれているので、実際に同じような場面で、『自分はこんな風にしてしまうな・・・』と想像しながら読めます。
コミュニケーションの本は、色々なものが出ていますが、ここまで実際の例を出しているものは多くはないはず。
例えば、『プロの条件はこの質問をするかどうかできまる』という項目があります。
私自身が、あるものを購入しようとしたときに相手(プロ)からこの内容の質問をされた時があり、安心感・信頼感がぐっとアップしたことを思い出してしまいました。
なるほど、そのときの感情はこういうことで引き起こされたモノなのかと納得しました。
何気なく、でも実際に使えると強力に普段の生活を豊かにしてくれる『質問』への考え方が書かれています。

会話が続かない人は、こんな質問をしてみよう 2009-07-14
コミュニケーションが質問で向上する?

最初、読み始めたときに湧いた疑問だ。

でも、読みすすめているうちに、著者がコミュニケーションが苦手で、
だからこそ「質問」を使っていることがわかってくる。

5W1Hのようなよくある話から、AHDINの法則のように、あまり耳にしない話まで
テクニックとして使えるフレームワークも書いてあるが、
この本で特筆すべきなのは、著者が実際に考え、行ってきた
コミュニケーションの方法だろう。

また、自分が気が重いときはどうするかなど、話ベタな人が悩みそうな点が
書かれているのもよい。

仕事のコミュニケーションではなく、ちょっとした会話をするのが苦手
と言う人には、お勧めできる本だろう。


さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会南館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。