甘村商会南館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ DVD ≫ ヤッターマン “てんこ盛りDVD”

ヤッターマン “てんこ盛りDVD”

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ヤッターマン “てんこ盛りDVD”ヤッターマン “てんこ盛りDVD”
出演:櫻井 翔 /深田恭子 /福田沙紀 /生瀬勝久 /ケンドーコバヤシ
バップ
発売日 2009-09-25




期待を遙かに超える完成度 2009-07-11
監督が三池崇史氏。
これだけでかなり期待しておりました。
「キューティーハニー映画版」「ゼブラーマン」と人間臭い特撮ヒーローを撮らせたら今この方の右に出る人はきっと居ない。恐らく居ない。

しかしキューティーハニーに原作とはかなり異なる世界観があり(それはそれでキャスティングの妙を含め成立しているが)ヤッターマンはどうだろう?
三池監督作品以外で作品名を挙げるも虚しい往年のアニメの実写化はスカポンタンばかりですしね、ヤッターマンがいい作品だけに不安要素は一杯。
それに今のではなくファースト(ガンダムみたいにそう呼ぶのかな?)をリアルタイムで見たギリギリの世代としては譲れない台詞やイメージがたくさん存在するのですが、流石すこし上ですがリアル世代、譲らず抑えていました。

特筆すべきはやはり深田恭子のドロンジョ様でしょうか。
本人のキャラと違和感でないかと心配でしたが現実には衣装、スタイル、キャラ、色々な意味で良かったです。もう少し勝負や金にうるさい方が更にいいのですが。
今彼女以上にドロンジョに適役な女優さんは20代には居ないのではないでしょうか。それだけで配役大成功です。

そして一番リアルだったのが背景やマシーン、小道具でもなく「ボヤッキー」
生瀬勝久さんはずるい。
ファーストカット、彼が紅くて長い付け鼻をして画面にドアップで登場した瞬間不覚にも爆笑してしまいました。
トリックからの大ファンですが、まさかボヤッキーの方が似合うなんて。トリックの矢部ファンとしては非常に辛い。それにお約束の妄想台詞「全国の女子高生の皆さん」を映像化した姿。完全に原作通りのボヤッキー。

私はこの二人を見ただけで充実した時間を過ごせました。
ストーリー展開の強引さとか主に主人公サイドの演技への打ち込み度合いの低さや設定の無理加減は見受けられるのですが、その程度の問題、ドロンジョさまとボヤッキーが吹き飛ばしてくれます。

35年前(位ですよね?)リアルタイムで見た世代でタイムボカンとヤッターマンが忘れられないという方には食わず嫌いをせずに是非見て頂きたい。
笑えます。楽しめます。

やっと発売! 2009-07-11
この、物凄い映画がとうとう発売。待ってました!
深田恭子のドロンジョ様は初め少し不安があったのですが、宣伝が始まって以来それは薄れていき、本編を見て完全に払拭されました!
特に声がいいんですよ!実は可愛らしい原作のドロンジョ様にドンピシャ!
ヤッターマン1号に恋してしまう話も、原作のエピソードに忠実で○です。
ともあれ、製作陣の原作への愛を感じさせるこの傑作を未見の方は是非ご覧ください。

ついに! 2009-07-10
DVD化待ってました!
期待せずに見に行ったら、めちゃめちゃ面白かった!
アニメの実写化をここまで成功させた例は今までに無いですよね。
とにかく何も考えずに楽しめる作品でした。
映像特典も楽しみでワクワクします!

鼻の下を長くして待っていました 2009-07-05
結局、劇場で3回観ました。通勤の車中では、現在でも天才ドロンボー実写版が、毎日、流れています。フュギュアや、関連本など買いました。DVD手にいれたら、毎日、天才ドロンボー実写版ダンスを視聴することになると思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 甘村商会南館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。